失われた生産性を求めて

はい!こんにちは、イイムラです!

今回は最近の考えを整理したいので、ここに記していきたいと思います

僕の中でここしばらくの間、悩みは自分の内面、つまり性格とか考え方に関することばかりでした。

でも、突然はっと、思ったのです。何か生産的な、実際的な悩みじゃないとダメだな、と。
今回生産的というのは、なんでも生み出していれば生産的ってことにしています。

つまり、内側ばかり見て悩んでいても何も生まれないから、悩んでいる意味に欠けるのではないか、と。

外側、例えば、人間関係を解決するにはとか、何かをするときにどうやってそれをするのかなど、もっと現実に即したことを考えていくべきなのではないかな、と思うようになってきました。

つまり、悩みっていうのは生産的であるべきだと、何か解決策を生み出すためのものであるべきだと思うんです。

それに、大人って現実的なことを考えている生き物なのではないかな、と思うんです。
僕はまだ大人になりきれていない。

でも、サークルの人たちにこの話をしたら、現実的なことばかり考えていても、おもしろくなくなってしまう、と。
自分の内面を考えて、内面で発酵させてかないと、おもしろいものは生まれないと言ってました。

まだ、考える時間は充分じゃありませんが、確かにそうかもしれないと思いました。

つまり、内面と外側、その両方をある程度考えていくべきである。

そういうことかもしれません。

今日のブログつまんなかったですね笑